<アールヌーヴォー>

アールヌーヴォーとは、「新しい芸術」という意味で、1890年〜1910年の約20年間
の間にかけて、フランスを中心とした欧米諸国で流行した新しい装飾美術様式をいい、
バロック・ロココからイスラム、ケルト、日本をはじめアジアなど、国境や時代を超えて、
その勢力は衰え知らずに世界に波及していきました。
 アールヌーヴォーの登場により、絵画、インテリアなど多くの分野で芸術家が活躍し、
ガラス工芸においても草花や昆虫など「自然」の動植物をモチーフに幻想的な色合いで
彩るといった装飾豊かなガラス美術品が数多く作り出されました。中でもガラス工芸の
アールヌーヴォーと言えばエミール・ガレというぐらい当時のガラス芸術に革命を起し
た人物でした。フランス人のエミール・ガレは創作拠点としたフランス東部の町ナンシー
が中心となり、この頃に「ナンシー派」と呼ばれる多数のガラス作家が誕生したのです。
  






<エミール・ガレ>
フランスのナンシーに生まれる。1878年のパリ万国博に、
葛飾北斎の影響を受けたガラス作品「鯉文花器」他を出品
して頭角を現わした。ガラス器や陶器、寄木細工の
家具などの作品には植物、昆虫、風景など自然をモチーフに
したデザインが施され、神秘と幻想に彩られた独自の表現世
界を確立したガレについての記事です。
 ガレの作品は、おもに色ガラスを何層にも重ねて、そこに
グラヴィールやエッチングなどの技法で動植物や昆虫などを
表現した作品を創り出すのがその特徴ですが、ガレ
は「自然」をガラスに表現することによって、生死や復活など
といったものを人々に伝えたいという願いが作品に込められて
いたと聞きます。つまり、ガレは花やきのこ、魚など
によって、生命の尊さを表現していたのですね。
 こうした作品を作り上げていく中で、もちろん技法の研究もし、
その過程で彼なりの独自の製作技法も誕生していきました。
そのなかでもマルケットリーという別に用意して
おいたガラス片を、過熱して本体に埋め込み、再び熱などを加
えてなじませながら、より作品を実写的に表現するといった技
法は特許も取得したほどガレの代表的な技法です。
 深遠な芸術性をもつエミール・ガレの活躍によって更にアー
ル・ヌーヴォーが世間に浸透し始めた頃とは対称的に、より一
般的に親しみやすい作品を作り上げていたのが、ドーム兄弟
です。
ガレと同じくナンシー派で活躍したオーギュスト・ドームとアント
ナン・ドームの兄弟。昆虫をリアルにレリーフした作品が作られ、
雪が舞う樹林や雨に打たれた樹林の風景
など、立体的で奥行きのあるファンタスティックな世界が彼らの
作品の特徴です。
   

<ルイス・カムフォート・ティファニー>
 舞台をアメリカに移すと、米アールヌーヴォー代表格が
ルイス・カムフォート・ティファニーです。
ニューヨーク5番街の有名な宝石店ティファニーの創業者チャ
ールズ・ルイス・ティファニーの長男として生まれる。
1882-83年にはホワイトハウス内のインテリアデザインなどを
手がけ、1885年にはザ・ティファニー・グラス・カンパニーを設
立した。
ガレやドームとは違い、ステンドグラスを得意とし、ステンドグ
ラス片に銅のテープを巻き付けてハンダでつなぎ合わせるとい
う技法は「ティファニーランプ」と呼ばれ、注目を浴びました。
また、孔雀の羽などの曲線的なモチーフをあらわし、ラスター
彩色で虹色や玉虫色に発色させたものを改良し、「ファブリル
ガラス」という独自の技法も考案し、アメリカでのアールヌー
ヴォー全盛を謳歌したのです。




   管理者(TOMAS)
   
   エミールガレ
     ↑エミールガレ作品集(動画です)